オリックス証券 新トレーディングツールの提供開始

オリックス証券は、シンプレクス・テクノロジーが提供するリアルタイム・トレーディング・ツール「SPRINT(スプリント)」の採用を決定し、これをサービス名「オリックス・マーケットステーション」として、4月下旬より提供を開始すると発表した。

「SPRIT」は松井証券の「ネットストック・ハイスピード」やジョインベスト証券の「ジョインベスト・エクスプレス」として採用されているトレーディングツール。両社は無料で提供しているがオリックス証券では有料(取引実績に応じて無料)となる模様だ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36562250
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。